眼瞼下垂は老け顔の元に~改善!パッチリお目目へ~

幅広い所で利用可

保険適用で治療

女性

眼瞼下垂の治療は、現在一般の眼科や形成外科、美容外科などで広く行なわれています。眼瞼下垂は見た目の印象が悪くなるだけでなく、時に視力障害やうつ症状などを引き起こすことがあるため、現在ではある程度症状が重い眼瞼下垂の手術は健康保険適用で可能なのです。眼瞼下垂へのアプローチ法は、個人の症状や既往症によって異なります。各診療科がタイアップして治療にあたることもあります。 眼瞼下垂は、時に顔の筋肉に影響を与えることがあります。瞼が開けづらいことによっておでこの筋肉に常に負担がかかった状態となり、肩凝りや頭痛などを引き起こしてしまうこともある訳です。最近では眼瞼下垂によるこのような症状にも、注意が払われています。

原因別の治療が可能

眼瞼下垂には、実際様々なタイプがあることが最近では分かってきました。加齢による瞼のたるみの他に、コンタクトレンズの常用による眼周囲の筋肉の疲れやアレルギー疾患、怪我などの外傷といった様々な原因が眼瞼下垂の背景にあることが注目されてきたのです。こうしたことから、治療のアプローチ法もそれぞれの状況に合った方法が選択されるようになりました。 現在眼瞼下垂の手術は、身近な治療となっています。熟練した医師による手術であれば比較的短期間で症状が改善出来ることが多く、積極的に治療にトライする方が増えてきたのです。眼瞼下垂という症状についても広く周知されるようになり、具体的な治療を考えるケースも増加しています。